先輩社員紹介

true

東あけび苑 支援員

石川 磨希

出身:日本福祉大学  社会福祉学部 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    もうちょっと頑張ればできそうなことを見つける

    私はご利用者さんの日常生活の支援をしています。あけび苑ではご利用者さんを障害の程度によって生活班と就労班に分け、それぞれ生活支援、就労支援に重点を置いたサポートをします。その中でも私は生活班を担当していますが、生活班に所属するご利用者の方は比較的障害が重い方です。なので着替えや食事といった日常動作のお手伝いをする場面が就労班より多くなります。しかし「できないこと」をお手伝いするのではなく、「できる」ことを見つけて伸ばすことが私の役目だと思っています。例えば一人で着替えられる、字を書ける、靴を揃えられる、こういったことは、もともとできたことを支援によって更にできるようになったことです。私たちはそういった「もうちょっと頑張ればできそうなこと」を見つけ、伸ばす仕事をしています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    ご利用者さんが受け入れてくれた時

    皆さんは新しい環境に飛び込むとき、緊張しませんか。それは障害をお持ちの方も同じです。ご利用者さんも新しい施設に来るときはとても緊張し、不安に思っていらっしゃいます。その不安は様々な形で表現されますが、そんなご利用者の方が施設や私に慣れてくれると嬉しいです。例えばご利用者の方が私に話しかけて来てくれるなど、自分から関わろうとしてくれると、仕事のやりがいを感じます。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    得られる満足感と達成感が大きいから

    実は私はもともと高齢者福祉の方に興味を持っていました。しかし資格をとるための実習で、家から近いという理由で大府福祉会を選んだのですが、そこで障害者福祉への関心が高まりました。特に大府福祉会は職員同士の仲が良く、1人のご利用者さんの為に職員皆で協力して動く環境があります。職員皆がご利用者さんのことを応援していて、どうすれば得意なこと、できることがもっと伸びるか考えています。そんな環境だからこそ、ご利用者さんの支援を通して得られる満足感や達成感が大きく、私にとっての大府福祉会で働く理由になっています。

これまでのキャリア他施設→現職(3年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

見学、実習には是非行ってください。
見学だけだと良いところしか見えないので、実習にも行き、施設のことをよく知ることが重要です。
その際、職員同士の雰囲気も見て、自分にとっての働きやすい環境を見極めて下さい。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • 「働く」をコーディネートする仕事

    true

    東あけび苑 生活支援員

    松田 彩乃(29歳)
    日本福祉大学  社会福祉学部 保健福祉学科 卒
  • 働く環境を整える

    true

    東あけび苑 支援員

    諸岡 宗(24歳)
    日本福祉大学  社会福祉学部 卒
連絡先:
法人本部 大府市横根町名高山78番地2
TEL:0562-85-5228
担当者 鈴木悦彦/本吉哲也